徒然ブログ 風まかせ筆まかせ

大学職員、日々の仕事や生活での気づきと雑感

5月の空を振り返る、いちばん空を見上げた日〜夜空編

前回記事で昼編を書いた続編。

5月26日は、皆既月食を見に出かけた。食が始まった頃にクルマで目指すは高台。気分はさながら、バンプオブチキンの名曲『天体観測』。望遠鏡ではなく、昔、マイケルジャクソンの東京ドームツアーを見るため、ビックカメラで買った双眼鏡を引っ張り出した。

すでに先客もいる。見晴らしの狭さから、どんどん移動して、着いた先がココ。

f:id:kazukun2019:20210608222025j:image

高台にある大学に来ていた。三角の建物の右に小さく点のように見えた!双眼鏡で覗くと、輪郭までしっかり見える。月食が終わり、回復していく時は、明るい部分が少しずつ広がっていく様までハッキリ見えた。

この後、階段を登り、水の流れ落ちる場所から見ていると、の音がかき消され水の音だけしている中で、ただ月を見るという風流を味わうことができた。

願わくば、もっと着込んでくるとよかったというくらいに、凛とした空気が覆っていた。

満足して帰れば、なんとベランダから南東に大きく戻ってきた月が見えていた。

皆既月食を見たいのか、スーパームーンを見たいのかといえば、両方と答えるあまのじゃくであった。